今回は、加藤昌治氏の著書でも紹介されている「SCAMPER」というアイデア発想法についてお話ししたいと思います。起業の型として7種類22分類がありますが、企画など一般的なテーマの場合、この SCAMPER(スキャンパー) というアイデア発想法が役に立ちます。SCAMPERとは、アイデアの対象・課題に対する質問集です。

この質問集とは、

S=Substitute
C=Combine
A=Adapt
M=Modify・Magnify
P=Put to other use
E=Eliminate
R=Reverse・Rearrange

それぞれのの頭文字をとってSCAMPER(スキャンパー)

日本語にすると、

S:代用品はないか?
C:結合できないか?
A:応用できないか?
M:補正・拡大できないか?
P:他の使い道はないか?
E:削除・削減できないか?
R:逆・再編成できないか?

これは、問いかけの細分化ですね。
すべての問いかけに答えてみても一部に答えても自由です。
このリストは手帳などメモしておいて、アイデア出しの時に活用しても良いかもしれません、

たとえば、お題が「ホワイトボードマーカー」の場合

代用品はないか? の場合

・普通の紙にも書ける両用インクを開発

・インクを墨汁に置き換えて陰影効果期待

・キャップを磁石にして固定できるようにする

といった具合です。

このように、商品を構成するパーツを何かに置き換えただけでもアイデアがでてきます。
とにかく、SCAMPERを使って、たくさん自問自答してみてください。いっぺんにやると疲れてしまいますので、スキマ時間を利用してゲーム感覚で楽しんでやることをオススメします。

SNS上でもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください