先日、

「未来の年表2 人口減少日本で起こること]

 (講談社)という本を読みました。

本書のなかで、

 少子高齢化が進む中、個人や企業、地域などが

 「自らできること」を記載しています。

そのなかで気になる記述は、

・定年退職後も、働けるうちは働く

・1人で2つ以上の仕事をこなす

・商店は、決まった時間のみ営業する

この3つの記述をみて思い出したのは、

スカイツリー近隣にあるBARです。

スカイツリーから徒歩数分の立地にあり、

半年ほど前にできたBARです。

実は、自宅からも近いので、その店舗

の前をよく通るので気になっていました。

よくよく、観察してみると、

そのBARは、自宅の車庫をリフォームしたようで

昼間はシャッターが閉まっていますが、

夜は、シャッターが開き、BARが開店。

夜、覗いてみると、ビジネスマン

で、そこそこ賑わっています。

高齢化が進むと、マイカーを手放す家庭が

増え、車庫の空きスペースが増えるでしょう。

そうすると、車庫を「貸す」という方法

もありますが、リフォームして時間限定の

店舗にするのも良いと思います。

ちょっとした価値転換型モデルですね。

開店時間は夜だけも、決まった曜日指定

だけでもいいでしょう。

お店の形態も、立地によって考えればよいし、

運営も、家族や親しい人などに任せることもできます。

SNS上でもよろしくお願いします!