最近、定額料金で使い放題の
サブスクリプションモデルが増えています。

動画・音楽の定額ストリーミングサービスが
一般的化したますが、実店舗を持つ飲食店での
「定額制」は、まだ珍しく今後面白いものが
登場しそうです。

飲食での定額制と言えば、
・天ぷら定期券発行の「はなまるうどん」
・月額3000円でコーヒ-飲み放題の「coffee mafia」
・月額8600円でラーメンが1日1杯、毎日食べられる「野郎ラーメン」
・月額1500円でバーの1杯目が無料になる『HIDEOUT CLUB』

これらの定額制サービスは、いずれも注目を浴びています。
注目すべきは、アプリを利用したサービスが増えていること。

アプリなので、Facebook連携などで手軽に登録できます。
お得感を得ることができる価格体系なので、アプリで気軽に
登録して、試してみたいという欲求が生まれます。

飲食の定額サービスも固定客獲得のため、様々なサービスの
登場が期待できますが、ビジネスの視点からいえば、
限界があり、どのあたりでチューニングすべきかがポイント
のようです。

SNS上でもよろしくお願いします!