桜が咲き乱れ、新元号決定と、
新しいことを始めるには良い季節ですね。

最近、久しぶりに衝動買いしたものがあります。
新撰組、斎藤一の名刀ペーパーナイフです。

日経MJの誌面で見て、いいなと思ったので、
ネットで調べてみると、購買意欲がわきました。

この新撰組をモチーフにしたペーバーナイフは、
クラウドファンディングサイトのMakuakeで
開発資金集めをして有名になった商品でした。

目標金額50万円に対して、最終的に1942人から
1,090万円の出資を集め、 2181%で目標達成した
「名刀ペーパーナイフ新選組モデル」です。

「名刀ペーパーナイフ新選組モデル」は、
岐阜県関市のニッケン刃物株式会社が企画製造。

熟練の刃物職人が一つ一つ手作業で作り上げた
日本刀をモチーフとしたペーパーナイフです。

商品の開発の経緯は、日常生活で、封筒を
単に切るのではなく、楽しんで切れるような
ペーパーナイフを開発したいという思いから。

そこで、新撰組が愛用していた名刀の
ペーパーナイフであれば、封筒を切る前に
ワクワク感を覚え、切った後も達成感を
味わうことができると考えたからです。

このような商品に関するストーリーを知ると、
商品の価値が何倍にも増えたように感じますよね、

この商品、一般販売が開始されてからも、
かなり売れてます。私もストーリーに共感し購入。
ストーリーは重要ですね。

本商品の詳細
https://www.makuake.com/project/nikken-cutlery2/

SNS上でもよろしくお願いします!